FC2ブログ

22.横歩取り4五角戦法3五飛による反撃(同馬の変化)

さて、横歩取り4五角戦法も最後の話になりました。
ここまで付き合ってくれましてありがとうございました。
え?ここだけ見た?
たぶん、横歩取り4五角戦法3五飛の話を最初から読んでもらえないと、今回の話だけでは不十分だと思います。
面白い変化もあるので、ぜひ最初から読んでください。

さて、最後は▲7七角に対して△同馬と取る変化です。

同馬(7七馬)まで

この手に対しては▲同桂の一手。

同桂まで

この手に変わって▲7七銀△8九飛車成▲6九角では、明らかな桂損で角も使えないという敗勢になります。
この局面では後手にいくつかの選択肢があります。
A)△8九角
B)△2三角
C)△4四角

A)△8九角とB)△2三角は浮いている7八の金に狙いをつけたもの、もし、▲6八玉や▲6九玉などと玉で紐を付けると、△7八角成▲同玉△6八金▲8九玉△8七歩で将棋が終わります。△6八金に▲同玉でも△8八飛車成でお終いです。ですので、玉では守れません。
ここでは▲8七銀とする一手。
角が金を取れば飛車を取り、飛車が銀を取れば同金で良しということです。

個々に詳しく見ていきます。
A)△8九角の場合

89角まで

△8九角▲8七銀

8七銀まで

ここでも選択肢があります
a)△同飛車成
b)△8四飛
c)△7八角成
です。

a)△同飛車成なら
△同飛車成▲同金△6七角成

同飛車成り6七角成まで

△6七角成は次に△6八銀▲4八玉△5七銀成▲3八玉△4九馬▲同玉△4八金までの詰めろですので受けます。
▲5八金
これで受け切ってます。後手は攻めるなら△6六銀と張り付くぐらいですが、▲6七金と単純に取って勝ちです。
△6六銀▲6七金△同銀成▲4八玉
先手玉は2七まで行くと捕まらないので、△2六歩と打ちたいのですが▲1五角が王手の両取りなので無効となっています。また、△2六歩を打ったところで▲3九銀で受かっています。よって先手優勢です。

b)△8四飛

8四飛まで

一見穏やかな順に見えますが、厳しい狙いがあります。
次に△8六歩と打たれると痺れますので▲8六歩と受けます。
△8四飛▲8六歩△8五歩
後手は△8六歩が急所なのでこう攻めます。
ちなみに、ここで7八角成と角を切って同銀に△8六飛と歩を取っても▲8七歩でなんともないので、角切りはできません。

▲同桂

8五歩同桂まで

この一手です。
もし、▲同歩ですと△5四飛▲4八玉△8六歩で後手良しになります。
その後、▲2三角の返し技もありますが、△3三桂▲9八銀△2三金▲8九銀△8七歩成▲同金△3四金で後手がだいぶ指し易くなります。
よって、桂で取ります。もちろん、この桂は△8四歩で取れます。しかし、△8六歩までは△8四歩△8五歩△8六歩と三手掛かるので、桂一枚で三手稼いだことになります。
8四歩を打つために飛車を退かすのですが、候補は
あ)△5四飛
い)△3三桂~△2四飛
くらいでしょうか?
△6四飛は▲6五歩があり無効
△4四飛は▲4八玉ののち▲5五角があります

あ)△5四飛の場合

5四飛まで

△5四飛▲4八玉△8四歩
ここまで進むと後手が良さそうですが、▲1八角が急所の一手。
逃げると歩で飛車を追いまわしてから角のラインを使って攻める手が厳しく先手良し。
桂角と飛車の二枚換えなら▲8五飛と歩を払って先手優勢。
飛車を捨てての攻め合いなら6三角成りが厳しく先手優勢
となっています。
よって、△5四飛車は悪手となります。

い)△3三桂~△2四飛の場合

3三桂まで

△3三桂~△2四飛は▲2七歩と受けてなんともないのです。
一例は△3三桂▲4八玉△2四飛▲2七歩△8四歩▲5五角△7八角成▲同銀△4四金▲1五角△2三飛▲4四角△同歩▲3四金ぐらいでしょうか?

結論はb)△8四飛の8筋を中心に攻める手はあまり良くないようです。

c)△7八角成

7八角成まで


金をむしる手です。
▲同銀なら△8八飛車成が出来て後手指し易いですがそうはなりません
△7八角成▲8六銀
このとき、7七の桂に銀の紐が付いていることが大きいです。
△8七馬と銀桂を取りに行くと▲8五飛がぴったりです。
また、△2七歩とこちらから攻めに行くと
▲同銀△2八歩▲8五飛の攻め合いは挟撃形ができる後手がやれそうですが
▲3九銀△3八歩▲同銀△2八歩成▲4八玉で先手が受けきれる形です。△6八馬~△2九と▲同銀△5六桂の筋さえ気を付ければ何でもないでしょう。
というわけでc)△7八角成は無理攻めだと思います。

A)△8九角は角が負担になった為B)△2三角と遠くから7八の金を狙う手も考えられます。
B)△2三角の場合

2三角まで

△2三角▲8七銀
このあと、△8七飛車成と△7八角成はA)△8九角の変化に合流します
よって、
△8四飛
▲8六歩△8五歩▲同桂
ここで△5四飛はA)△8九角の変化と殆ど変りません
よって
△3四飛

3四飛まで

▲同飛△同角▲8四飛△7八角成▲同銀△7九飛▲6九銀△7八金と迫っても、▲4八玉と早逃げして先手良しになります。金を残して、△9九飛車成でも攻め合いは先手良さそうです。

7八の金を狙う手はあまり良くないようです。したがって、違う手を考えます。
C)△4四角の場合
△4四角

4四角まで


3五の飛車と7七の桂馬に狙いを付けた手です。桂馬を取りは▲同銀△8九飛車成が厳しいです。
飛車取りですので受けます。
▲3六飛△7七角成▲同銀△8九飛車成▲6九角

6九角まで

ここまでは一直線です。
ここで後手は
a)△9九竜
b)△3三桂
c)△4一玉
が考えられます

a)△9九竜は攻め合いを目指した手です
一例は
△9九竜▲2二歩△3三桂▲2一歩成△4五桂▲3一と△5七桂不成▲2四角△3三香▲5七角△3六香▲3二と△6五桂▲6六角

6六角まで

ここまで来ると先手良しです。
あとは6筋から歩を使って攻めてわかり易くなります

▲2二歩がこの形の急所ですので、それを先に受ける手も考えられます
b)△3三桂の場合

89竜3三桂まで


△3三桂▲8八銀
次に▲9八角とされると竜が死ぬので
△8七歩▲同銀

3三桂8七銀まで

ここで
あ)△9九竜
い)△4二玉
が考えられます

あ)△9九竜の場合
△9九竜▲7七角△9七竜▲3三角成りと殺到して先手良しです。

3三角成まで

い)△4二玉の場合
△4二玉▲8八角
これは次に▲9八銀で竜を殺す狙いが厳しく先手良し。
△8八竜▲同金△7九角▲6八金△5七角成▲4八金と暴れられても先手受けきれます

ここで気をつけることはあ)△9九竜のとき▲8八角と打つと、喜んで△同竜とされます。
同じく▲同金△7九角▲6八金△5七角成▲4八金と進んだとき、香一枚違います。

b)△3三桂と同じく▲2二歩を警戒した他の手もあります
c)△4一玉の場合

4一玉まで

△4一玉▲8八銀△8七歩▲同銀

4一玉8七銀まで

ここで
あ)△9九竜
い)△2二銀
が考えられます

あ)△9九竜は△4一玉の意味がはっきり出ています。
つまり、攻められるマスを3三よりも玉から遠い1一にしたということです。
△9九竜▲7七角△9七竜▲1一角成△8六歩▲同銀△同竜▲2一馬でどちらが早いかです。

2一馬まで

先手には▲2五桂という手がありかなり早いですが、後手の手番なのではっきりとは言えません。
形勢は先手やや良しでしょうか。
ちなみに、▲1一角成の替わりに▲9八歩△9四竜の交換を入れて8筋の攻めを緩和すると、△2四竜という転換が生じます。その後の形勢はやはり先手やや良しです。

い)△2二銀の場合
△2二銀は角道をあらかじめ受けた手ですがあまりよくなりません。
△2二銀▲8八角
で▲9八銀が残ります。
形勢は先手良いと思います。

フラバンにまとめてみました。駒を動かして研究に活かしてみてください。


最後にこの3五飛の指し方には甘い読みが結構あります。それは私一人の研究の限界から来ています。ですので、ここの記事を鵜呑みにすることは大変危険です。貴方自身で読んで確かめたうえで採用して下さい。
次回ですが、横歩取りは少しお休みをします。最近の横歩取り事情がだいぶ変わってきて、追いついていないと感じているので、上手くまとめる自信が無いからです。なにか書きたいネタができましたら、再開します。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shishikoma

Author:shishikoma
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR