スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18.横歩取り4五角戦法の2四飛の多彩な変化

今回は横歩取り4五角戦法を見て行こうと思います。
この戦法は激しい変化が出てきますので、ひとつ間違えるとそこで将棋が終わることもあります。

そして、あらかじめ書いときますが、この戦法は研究が進み後手が勝てないことがわかっています。
これを読んだ人は後手を持つことは無いと思いますが、逆に先手側を持った場合の対処法を知らないと簡単に潰されるので覚えて損は無いと思います。

4五角戦法

まずはテーマ図まで
初手から
▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲7八金△3二金▲2五歩△8五歩▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛△8八角成▲同銀△2八歩▲同銀△4五角

ここの局面では
1.▲2四飛
2.▲8七歩
3.▲7七角
4.▲3五飛

などがあります。

主流は1.▲2四飛と避けて△2三歩と打たせて歩切れにさせてる手です。
(まずは1を説明しますので、2.3.4.は次回以降に書きます。)

▲2四飛△2三歩▲7七角△8八飛成▲同角△2四歩▲1一角成

11角成り

ここまではほぼ一本道です。
後手はここで
A.△3三桂(角を封じ込める手)
B.△8七銀(飛車の打ち込みを狙った手)
C.△2五飛(▲2七歩△同角成りを狙った手)

に分かれます。

一番簡単なC.△2五飛(▲2七歩△同角成りを狙った手)から
25飛車

△2五飛には▲3九金で受かっています。
△2五飛▲3九金△2七銀▲同銀△同角成▲3六銀で先手優勢です。

次はB.△8七銀(飛車の打ち込みを狙った手)
2一桂型8七銀

この手に対しては馬を引くのが簡明です。
△8七銀▲7七馬
ここで後手は7八銀成と清算してしまうと後続手に困りまるので
△7六銀不成▲6八馬(▲同馬は△2六飛)△8八歩▲7七歩△8九歩成▲7六歩△9九と▲3六香
となりますが、歩切れのため後手はまともに受けられずつぶれます。
36香が決め手


そのため、本筋はA.△3三桂(角を封じ込める手)になります。
先手は歩切れを突いて▲3六香を打ちます。
▲3六香

3三桂型3六香


このとき後手の選択肢は
A.△同角(先手の攻めを遅らせつつ香を攻めに使う)
B.△6六銀(角を成込にいく)
C.△8七銀(飛車打ちを狙う)

です。
A.△同角(先手の攻めを遅らせつつ香を攻めに使う)から
△同角▲同歩

三六香を取る変化

ここでも、選択肢があります。
a.△4五桂
b.△5四香
c.△5五香
d.△4四香
e.△8七銀


a.△4五桂は

あ.▲6八玉
い.▲6六馬

に分かれますが
どちらか自信のある方を一つを覚えればいいと思います。

あ.▲6八玉は
▲6八玉△5四香▲5六歩△5七飛▲4六飛△5六飛成▲同飛△同香▲5八歩△3七歩▲5五飛△3八歩成▲同金△4九銀▲5六飛△3八銀成▲5三飛成△5二金打▲5六竜△2八成銀▲5五香
が一例です


い.▲6六馬は
▲6六馬△5四香▲4六角△5七桂不成▲同角△同香成▲同馬△5五角▲8二歩△2八角成▲8一歩成△6二銀▲8二と△2九馬▲8一飛
で先手良し

b.△5四香は
桂跳ねを防ぎつつ▲8一飛車成りを見る▲8五飛車が最善です
5四香には8五飛

△5四香▲8五飛△2五飛▲同飛△同歩▲8五飛△2六歩▲8一飛成△2七歩成▲同銀△2八飛打▲3八銀△5七香成▲5八歩△4八銀▲同金△同成香▲同玉△2七金▲3九銀△3八金▲同銀△2七銀▲3九香で受けきっています。

c.△5五香は
b.△5四香と似ていますが▲8五飛だと△2五飛で嵌ります。
▲6六角と打つのが最善となります。
5五香には6六角

△5五香▲6六角△8六飛▲8八歩△7六飛△6八玉
で受けきりです。

d.△4四香は
桂馬との相性が悪いので攻めが細いです。
△4四香▲4八金△4七香成▲同金△3八銀▲4八金△2九銀成▲3七銀
で後手の攻めは切れています。

e.△8七銀
馬が引けないので▲7七馬ができませんが、4五の角がないので取ることができます。
△8七銀▲同金△7九飛▲6九銀△8九飛成▲8六飛
で後手は後続手がありません。


次はB.△6六銀(角を成込にいく)です。
この場合は▲3三香成と攻め合うのが本筋です
△6六銀▲3三香成
3三香成と攻め合う

ここでも後手には選択肢があります。
a.△6七角成
b.△6七銀成

a.△6七角成は取っておいた方がいいです。
馬は戻るのが早いので取っておく方が安全です。
△6七角成▲同金△同銀成▲6八歩△7九飛▲4八玉△5七成銀▲同玉△4九飛車成▲3二成香
で勝てます。詳しくはフラ盤の棋譜を見てください

b.△6七銀成は攻め合います。
金で取っても残るのが馬なので得になってません。
△6七銀成▲3二成香△7八成銀▲3一成香△6七角成▲3三馬△6二玉▲2二飛△5二金▲4八玉△6八成銀
この手は△4九馬からの詰めろですのでしっかり受けます。

49馬からの詰めろ

▲3九金打△7八飛車▲3八玉
で逃げ切りです。


最後はC.△8七銀(飛車打ちを狙う)
3三桂型8七銀

この形では取ることができません。金は引く手に好手ありです。
△8七銀▲7九金△6七角成▲3三香成
攻め合います。
△7八銀不成▲同金△同馬▲3二成香△同銀▲4八玉△8九馬▲6二歩
6二歩が急所

6筋から攻めるのがこの形の急所になり易いです。
△同玉▲6四歩△同歩▲7五桂
まで先手優勢

長くなったのでここまでをまとめました。



次回は▲2四飛以外の変化を見てみます。
本筋は今回見た▲2四飛なのでおまけとして見てください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shishikoma

Author:shishikoma
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。