FC2ブログ

19.横歩取り4五角戦法の7七角と8七歩の変化

今回は横歩取り4五角戦法の▲7七角と▲8七歩の変化を見て行きます。

4五角戦法

4五角戦法の対策の中でも少数派に属していて、手持ちのDBで▲7七角が三局、▲8七歩が三局と非常に実践例が少ないです。そのため、簡単に判断するのは危険かもしれないことを理解したうえで話の続きを読んでほしいです。
結果から書きまして私の形勢判断は、
▲7七角は難解
▲8七歩は後手良し
になります。

▲7七角は先手が悪いというわけではないので、▲2四飛以外の変化に持ち込みたい場合に採用することも悪くないと思います。しかし、▲8七歩を採用することは止めておいた方がいいと思います。

まずは▲7七角から見てみます。
初手から
▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲7八金△3二金▲2五歩△8五歩▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛△8八角成▲同銀△2八歩▲同銀△4五角▲7七角
4五角戦法7七角

4五角戦法は「(い).△6七角成り▲同金と角を捨てることで8八の銀を取りつつ飛車を成り込むこと」と「(ろ).角で3四の飛車を取る」という二つの狙いがあり、両方を受けることは困難です。
▲7七角が8八銀に紐を付けているため(い).の△6七角成り▲同金△8八飛車成りの狙いは防がれています。
よって、(ろ).の狙いでポイントを取ることが後手の最善となります。

△8八飛車成▲同角△3四角
ここまでは変化しないと思います。
後手の銀得(歩は先手の方が多い)となっています。
▲1一角成り△3三桂▲3六香△3五歩▲同香△2五飛
ここまで進んだところで変化があります。

1.▲3三馬
2.▲3四香

1.▲3三馬は馬を切ってもったいないようですが△2八飛車成と△3五飛車を防ぐ▲2七桂を用意した手
2.▲3四香は攻め合いを見た手
です。

1.▲3三馬の変化は、
▲3三馬(王手)△同金▲2七桂

ここで後手に選択肢があります
A.△4二銀(飛車を残す)
B.△3五飛(角を残す)

A.△4二銀(飛車を残す)は
△4二銀▲3四香△同金▲7七桂(△8五飛車を防ぐ)など進んで難解な局面です。
7七桂で難解

駒割りは「先手が桂銀交換の損」と「先手の持ち歩が五枚」「後手が歩切れ」という具合に先手に傾いていますが
、乱戦になっているため駒得が活きるかどうかはわかりません。

B.△3五飛(角を残す)は
△3五飛▲同桂△4四角▲2一飛車△3二金▲8二歩
8二歩が急所

ここで後手に選択肢があります
B-1.△同銀
B-2.△3五角

B-1.△同銀は
△同銀は▲8四飛△8三歩▲4三桂△同金▲4四飛△同金▲4三角で先手良しになります。

B-2.△3五角は
△3五角▲8一歩成△5七角成り▲7一と△同金▲5八歩△6七角成り▲5七歩△6八馬▲6四歩
で先手良しになります。

以上により
1.▲3三馬の変化は
A.△4二銀(飛車を残す)を選択されて難解
B.△3五飛(角を残す)は先手良しになる。

次に2.▲3四香の攻め合いの変化を見て行きます
▲3四香△2八飛車成▲9六角(6八の金に紐を付ける)△8五銀
8五銀で難解

この手で難解になります。
▲同角は△6八竜
▲3三香成から攻め合って勝てるかどうか
▲6八飛車は△同竜▲同金△7九飛車がうるさい
▲8七角は△7六銀(取ると金を取られる)が歩切れを解消される
と先手難しいですが後手も攻めきるのは簡単ではないため難解とします。

よって、先手は1.▲3三馬の変化を選びA.△4二銀(飛車を残す)に誘導することが最善となります。


次に▲8七歩の変化を見てみます。

4五角戦法8七歩

4五角戦法は「(い).△6七角成り▲同金と角を捨てることで8八の銀を取りつつ飛車を成り込むこと」と「(ろ).角で3四の飛車を取る」という二つの狙いがあることは先ほども書きました。
じつは、先手に1.2.の両方の手を受ける方法があります。
それが、▲8七歩です。
飛車の直通を防いで(い)を防ぎつつ、△3四角と飛車を取られたら▲8六歩と飛車を取り返すことで(ろ)で生じる損を無くそうという狙いです。
後手は△2八歩や4五角と筋違いに角を打った投資がありますので、このまま収まってしまうとコストだけが残り損をしてしまいます。そのため、後手は攻めを休めることが出来なくなっています。▲8七歩はこの攻めを無理攻めとみて受けきるという戦いを選んだことになります。

図以下
△7六飛
ここで先手には選択肢があります。
1.▲7七銀
2.▲7七歩

1.▲7七銀の変化は
△3四角▲7六銀△8八歩▲7七桂△8九飛▲7九歩△9九飛車成り
次のと金が厳しい

となって次の8九歩成でと金を作って後手良くなります

2.▲7七歩の変化は
▲7七歩△6六飛▲6八玉△3四角▲6六歩
6六歩まで

で先手良さそうですが
△2七歩▲3九銀△3八歩▲同金△5八飛▲同玉△7八角成り
後手の強襲

の強襲があります。
銀取りと桂取りが残り、大駒しかない状況で受けきるのは簡単ではないと思います。

ここまでの変化をまとめてみました。


今回は知っていてもまず使わない指し方(定跡というほど指されていない)でしたがどうでした?

次回は4五角戦法の最後の指し方▲3五飛車を見て行きます。
優秀な指し方ですが、▲2四飛車が4五角戦法を倒してしまったため不必要となっています。
4五角戦法に対する▲2四飛以外の別解ですのでこれを指しも面白いと思います。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

shishikoma

Author:shishikoma
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR