FC2ブログ

13.横歩取り2三歩型が消えた理由

今回は横歩取り2三歩型について書きます。
先手が金を上がり後手も金を上がる形にようやく入れました。

先後ともに飛車先を伸ばし角の横に金を上げた先後同型から話は始まります。
初手から
▲7六歩△8四歩▲2六歩△3四歩▲7八金△3二金▲2五歩△8五歩

横歩取り導入

▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛車

横歩取り2三歩型

飛車先の歩を切り、さらに横歩を取ることで一歩得をしました。
このまま収まってしまうと、先手だけポイントを稼いだ状態で進むことになります。
後手は先手に横歩を取られたかわりに何かポイントを取らなければなりません。
そこで、まず考えられることは角交換をして、手持ちの角で馬を作ることです。
△8八角成り▲同銀

ここで、二つの打ち場所があります。

1.△2五角と打ち3四の飛車取りと△4七角成りを見る方法
横歩取り23歩2五角型

対策は
a.▲3二飛車成から角をいじめる方法
b.▲3六飛車から飛車角交換を要求する方法

aは後手が指せる変化がある
 (▲1六歩△1四歩▲3五金△1六角がその変化)
 ※↑修正:先手良しの変化あり▲3五金の前に▲6八玉を入れると先手良くなる
bは先手指せる


2.△4五角と打ち3四の飛車取りと△2七角成りを見る方法

横歩取り23歩4五角型

対策は
a.▲3五飛車で角を2七に成らせ、▲1五角の王手で2六を守り、▲3六歩で退路を塞ぎ、▲2八歩で馬を殺す方法
b.▲3六飛車から飛車角交換を要求する方法

aは先手指せる
bも先手指せる

変化は以下のようになってます。


結論:2三歩型は先手良しの変化になる
この結論が出てからは、プロの将棋に横歩取り2三歩型が出ることは殆ど無くなりました。
ごく稀にプロの将棋に現れますが、やはり、先手の勝率が高いようです。

先手だけが飛車先の歩を切り一歩得をする展開は後手が悪いので、
後手は△2三歩を省略して△8六歩と攻め合う変化が有力視されています。

次回は△8六歩の変化について書いていきます。
ようやく、本格的な戦法に入ります。

追記:
yamajunn21さんから足りなかった知識を教わりました。
△2五角▲1六歩△1四歩の局面では▲6八玉と一手溜めるのが本手で先手良しになるそうです。
出典は「横歩取りガイドⅡ」だそうです。
詳しい変化はそちらをご覧になって下さい。
先手は▲3六飛も選べるので大きな観点では変化はありませんが、
▲3二飛車成りの積極策を採用することができるようになりました。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

shishikoma

Author:shishikoma
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR